岐阜県美濃市の小児歯科なら河出歯科医院へお任せ下さい。

アクセス

岐阜県美濃市の歯医者なら河出歯科医院

0575330539

診療時間

駐車場完備(10台)【休診日】木曜(祝日がある週は診療)・日曜・祝日

小児歯科

放っておくと危険な乳歯の虫歯

放っておくと危険な乳歯の虫歯

大人に比べ、進行が早い子供の虫歯。それは、乳歯は永久歯に比べて咬む面の溝が深く、食べカスが詰まって虫歯になりやすいからです。

乳歯は生え変わるからといって疎かにしてはいけません。 乳歯の虫歯は永久歯の歯並びを悪くしたり、噛み合わせが悪くなる(不正咬合)原因にもなるなど、「あごの発達」「顔の輪郭の形成」「身体の発育」「永久歯の歯並び」などに影響します。

乳歯の虫歯を放っておくと、永久歯に悪い影響が出てこの先ずっと歯のことで苦しむことになりかねませんので早めの治療を心がけて下さい。

シーラントによる虫歯予防

シーラントによる虫歯予防

奥歯の噛む面には溝があり、虫歯が出来やすいところです。 ここをシールして虫歯を予防する方法として、シーラントがあります。

シーラントは歯を削ることがないので痛みはありません。 ただし、このシールが剥がれることもありますし、シーラントを行ったからと、必ずしも虫歯が出来なくなるというものではありません。

よって、定期的に検診をする必要があります。

フッ素塗布による予防歯科

フッ素塗布による予防歯科

人の歯の表面は、エナメル質で覆われています。 エナメル質は人体の中で最も固いところですが、虫歯になると溶けてしまいます。

フッ素は、このエナメル質に取り込まれると虫歯に強い(溶けにくい)物質に変えることができます。また成熟していない形成期の歯に対しては、より結晶性が高く強い歯をつくります。

また、自然治癒が可能な初期のむし歯の場合、フッ素を塗ることで治癒を助けることが出来ます。

フッ素の安全性について

私たちは、フッ素を食べ物や飲物などから自然に少しずつ体内に取り込んでいます。 フッ素は特別な薬品ではありませんので、大量に使用しなければ体に悪影響を及ぼしません。

ページトップへ

ご予約・お問い合わせは

診療時間

【休診日】木曜(祝日がある週は診療)・日曜・祝日